人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

購買率を上げる魔法の言葉

試食販売の仕事に慣れてきてお客様に試食してもらうことは容易になっても、「商品の購買」に結び付けるのは次のレベルの難しさがあります。今回は試食から商品の購買へ結びつけるコツと、試食販売の「魔法の言葉」について紹介していきます。

お客様に自分の気持ちを伝えよう

お客様に自分の気持ちを伝えよう

お客様に試食をしてもらえるようになると、試食販売も楽しくなります。しかし商品のPRに留まらず、お客様に商品を購入してもらえるようになるには、もう一段ステップを上る必要があります。闇雲に試食をすすめるだけでなく、試食をしてもらう時の接客方法や言葉の選び方まで考慮に入れて試食販売をしてみましょう。そのコツとして「自分の気持ちを伝える」ことを頭に入れてみましょう。試食をしてくれるお客様は、商品を購入するかどうかのライン上にいる人です。商品を購入する側に寄ってもらうためには、何か決め手が必要です。
そこで、お客様に「自分もあなたと同じ立場です」ということをアピールしてみましょう。「試食販売員という立場ですが、消費者の一人でもあります」ということをアピールする方法です。具体的には「私も好きで良く食べています」「子どもが好きなので」という感じに、個人の感想風のアピールをしましょう。すると、宣伝文句ではなく「口コミ情報」のように聞こえますので、お客様が信用しやすくなります。

「美味しいですよね」を繰り返そう

先述したように個人の感想を商品アピールの中に混ぜていくと、お客様の心に刺さりやすくなります。さらにお客様に刺さりやすいフレーズとして「美味しいですよね」という「魔法の言葉」があります。「このウインナー、本当に美味しいですよね」とお客様が試食している時に話しかけていくと、お客様も「本当に美味しい」と思うようになります。まるで暗示にかけるようですが、何度も「美味しいですよね」という言葉を繰り返すことで、美味しいけれど購入するかどうか迷っているお客様が、購入しなければ損なくらい美味しいと思ってくれるようになります。無言で試食をしてもらうよりも、はるかに購買率が上がりますので試してみましょう。

「他には?」を添えてみよう

試食販売のパートによっては、物産展などを担当することがあります。その場合はお客様に1つではなく、他の商品も購入してもらいたいものです。お客様が試食をして、何かの商品を購入することを決めた時、「○○をください」と試食販売員に話しかけてくれます。その時に「他には?」と相槌を打つような感じで問いかけてみましょう。「これだけで結構です」と言われるかもしれませんが、もしも他の商品の購入も考えていた場合はここで再考してもらうことができます。「やっぱりついでに購入しよう」と思ってもらえたらラッキーです。たった一言の言葉を付け加えるだけで、売り上げが倍になるかもしれない魔法の言葉と言えるでしょう。「他には?」という時には笑顔で押し付けがましくなく、自然に言うように心掛けましょう。
「美味しいですよね」「他には?」などのフレーズがどんどん出るようになると試食販売員として一人前と言えそうです。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事