人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

試食してもらうためのアプローチ

試食販売をしていて、なかなかお客様に試食をしてもらえないと悩んでいる人も多いでしょう。しかしそのままにしておく訳には行きません。試食販売は商品のPRが目的ですから、一人でも多くのお客様に試食をしてもらう必要があります。そこで今回は「お客様に試食をしてもらうアプローチの仕方」について紹介します。

「自分に関係がある」と思わせよう

「自分に関係がある」と思わせよう

お客様が5m以上試食の場所から離れている場合は「呼び込み」をする必要があります。お客様に試食販売をしていることを伝え、なおかつ「自分に関係がある商品」だと思わせる必要があります。お客様は試食販売をすることを知っても、自分に関係のない商品だと思えばスル―してしまします。例えば、ブルーベリーなどのフルーツの試食の場合、フルーツ好きの男性以外は「自分に関係のない商品」だと思ってしまいます。しかし「疲れ目に効きます」というフレーズを入れて呼び込みを行えば、デスクワークをしている疲れ目に悩む男性に「自分に関係がある」と感じてもらえます。

プラスの感情を持ってもらおう

呼び込みをする時は、声のトーンや表情に注意をしましょう。どれだけ魅力的な商品の試食販売をしても、試食販売員が暗い声や沈んだ表情をしていると、その商品にもマイナスの感情を持ってしまいます。魅力的な試食販売員に声を掛けてもらって、嫌な気持ちになる人はいません。商品も同様に魅力的だと感じ、試食してもらえる可能性も高くなるでしょう。魅力的に映るコツとしては「笑顔で接客」することと、いつも出している声よりも「ハイトーンの声を出す」こと、そして「自分が楽しい」と思いながら声を出すことです。楽しいという思いはお客様にも伝染しますので、何か楽しそうなことが行われているとプラスの感情を持ってもらえます。
また「試食をしたら商品を購入させられる」という疑いを晴らすような呼びかけも重要です。「試食はタダですよ」というフレーズを入れておくと、安心してお客様が試食できるでしょう。

「声掛け」のポイント

お客様が手の届く範囲まで近づいたら「声掛け」を行います。まずは試食しやすい雰囲気を作るために「1組のお客様に絞り」声を掛けます。誰かが試食をしていると、他のお客様が警戒を解き、試食しやすい雰囲気が生まれるからです。まず、お客様とアイコンタクトを取りながら挨拶をしましょう。この時点で目をそらさないお客様は試食をしてくれる可能性が高くなります。商品の良さを伝え、お客様とこの商品は関係があるということをアピールします。お客様が興味を示したタイミングで「お味見をしてみませんか」と笑顔で声を掛けます。興味を持ち、少し近寄ってくれたら商品を差し出しましょう。たいていのお客様がこの流れで試食をしてくれます。試食をしてもらいながら、さらに商品の良さなどをアピールしていると、周囲のお客様が集まってきて試食がしやすい雰囲気が作れます。そうなると簡単にたくさんのお客様に試食をしてもらえるようになるでしょう。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事