人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

清潔感のある服装で

試食販売を始める時に、試食販売時は「どのような服装をするか」迷うかもしれません。今回は「試食販売に向いた服装」について紹介します。また、どこで仕事着に着替えるのかについても紹介します。

基本は「清潔な服装」

基本は「清潔な服装」

まず、試食販売に向いている服装を知っておきましょう。食品を扱い、お客様に試食をしてもらう立場であるため「清潔な服装」ということが大前提になります。汚れやシワがない服を選ぶようにしましょう。試食販売時の服装の組み合わせは、「白のシャツ」「黒のスカートかパンツ」が基本です。まずトップスの白のシャツとは、「白色の襟の付いたカッターシャツ」を指します。襟の形はこだわりませんが、リボン襟はかがんだ時に商品についてしまう可能性がありますので避けましょう。ボトムスの黒のスカートとパンツは、無地で黒色であれば問題ありませんが、スカートの場合は丈に注意が必要です。膝丈で動きやすいストレッチ素材のタイトスカートが良いでしょう。膝よりも短い丈のスカートはNGですので絶対に避けましょう。パンツは、デニム生地のジーパンは清潔感がないためNGです。チノパンはタイトなスタイルならOKですが、できれば一般的なストレートパンツを選ぶようにしましょう。

エプロンは「胸当てあり・キャラクターなし」

白のシャツと黒のスカートかパンツの組み合わせの上に、「エプロン」をするのが試食販売時の定番のスタイルです。エプロンを選ぶ時は様々なポイントに注意をしましょう。まず気を付けたいのが、「胸当てあり」のエプロンかどうかです。腰までのカフェスタイルのお店で良く使われるエプロンは試食販売ではNGですので、きちんと胸当てのあるものを選びましょう。また、基本的に「無地」のものを選ぶようにします。特に気を付けたいのが、「キャラクター」が付いていないかです。キャラクター付きのエプロンをしてしまうと、そのキャラクター関連の商品を試食販売しているような誤解を与えてしまいます。試食販売をする時は、商品のメーカーなどを代表してPR作業を行っていることを忘れないようにしましょう。その意味では、試供品などでもらって使いやすくても、商品を提供している企業以外の企業名やブランド名が書いてあるエプロンは避けましょう。

髪の色にも清潔感を出そう

髪の毛の色は黒でなくても良いですが、明るすぎるは問題です。髪色が明るすぎると清潔感が損なわれてしまいますので、できるだけ暗めの色にしましょう。また、髪の長い人は後ろで一つにまとめましょう。ばらつかないように無地のゴムやヘアピンを使って、きっちりとまとめます。オシャレなヘアアレンジをしたくなるかもしれませんが、試食販売の仕事の性質上、清潔感を優先しましょう。メイクは「ナチュラルメイク」が基本ですので、つけまつげや派手なマスカラ、塗り過ぎのファンデーションなど厚化粧はNGです。逆にどんなに肌がきれいでも「すっぴん」は社会マナーとしてNGです。

仕事着は家から着て行こう

スーパーなどの職場で仕事用の服に着替える時は、どこで着替えれば良いのでしょうか。職場によって違いますが、職員の控室やバックヤードに着替え用の部屋がある場合はそこで着替えます。また、従業員用のトイレで着替えることもできますが、数が少なく混雑することが予想されますので避けた方が無難です。基本的に職場が毎回変わるので、その度に職場の担当者などに着替え場所を聞くことになるでしょう。しかし結局、仕事着は「家から着て行く」のがベターです。白のシャツと黒のスカートかパンツですので、通勤にも問題はないでしょう。エプロンやバンダナなどは鞄に入れて、寒い時は上着などを着て出勤しましょう。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事