人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

子どもへのベストな対応方法

試食販売のパートをしていると、どう対応して良いか困ってしまう場面が訪れることがあります。「子どもが試食品を食べようとする」場面も対応が難しいと思います。今回は子どもが試食品を勝手に食べようとする時の対応法について紹介します。

子どもを叱ると親からクレームがくる

子どもを叱ると親からクレームがくる

子どもが親の目から離れて試食品を食べに来た時にどう対応すべきでしょうか。子どもが手を伸ばして勝手に食べようとした時に、「叱って食べさせない」又は「食べさせてあげる」という選択があります。
それではまず、子どもを叱った場合はどうなるでしょうか。優しく叱ったつもりでも、子どもから見れば、知らない大人は大きく怖く見える存在です。そのため子どもが怖がり、目の前で泣いてしまうかもしれません。後から来た親が泣いている子どもを見てどう感じるかは分かりません。叱ってくれたことに感謝をするかもしれませんし、試食販売員に怒りを覚え、スーパーの責任者や商品のメーカーなどにクレームを入れるかもしれません。また、周囲で見ていた人から「子どもだから差別して試食をさせない」と思われて、試食販売員だけでなく商品のイメージも悪くなってしまうかもしれません。

アレルギーで事故になる可能性がある

では、クレームを恐れて子どもが好きなように食べさせてあげれば良いのでしょうか。そもそも試食をする権利は子どもにもあります。また、「子どもが好きな商品を購入したい」という親も多いでしょう。とはいえ、安易に試食させてしまうのは絶対に避けましょう。子どもは自分にどのようなアレルギーを持っているか自覚していない場合があります。軽い気持ちで試食したことが大きな事故につながらないとは限りません。特に、たくさんの原材料を用いてできている加工食品は、子どものアレルギーを引き起こす可能性がたくさんあります。また、安全そうなフルーツなどでも、アレルギーがある子どもにとっては毒のような作用をしてしまうことがあります。

子どもに優しく提案しよう

子どもが勝手に試食をしようとした時は、「お母さんかお父さんに聞いてみよう」と提案しましょう。その時は表情と声色に気を付けて、優しく微笑みながら優しい声で言いましょう。そして、子どもが試食をしないように気を付けながら親が来るのを待ちましょう。親が来たら、「お子さんが試食をしたがっていますが、食べさせてもよろしいでしょうか」と聞いてみます。その際、アレルギー反応が出そうな使用食材についての説明もすると良いでしょう。こうすることで、クレームが出る可能性とアレルギーによる事故を未然に防ぐことができます。また、親は試食販売員の子どもへの気配りに感謝をして、商品を購入してくれるかもしれません。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事