人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

お客様へのPRで会話力が付く

試食販売のパートは勤務日をフレキシブルに選んで働けるため、予定が立てにくい忙しい学生や育児中の主婦にもおすすめです。また、試食販売をすると不思議と売り上げが伸びてしまうような試食販売に向いている人がいます。そこで、今回は試食販売員の魅力と試食販売に向いている人について紹介します。

試食販売はシフトが自由

試食販売はシフトが自由

試食販売は基本的に単発ですので、シフトを自由に組むことができます。働ける日だけパートを入れることができるのが大きなメリットです。サークルや部活動が忙しい学生でも、単発の試食販売のパートなら無理せず続けることができるでしょう。また、就活中などでいつ予定が入るか分からないような学生にも、フレキシブルに仕事を入れられる試食販売のパートはおすすめです。同様に、育児中などの主婦の方も空いた時間でお金を稼ぐことができるので、試食販売のパートをするメリットは大きいでしょう。

社会に出て役に立つスキルが身につく

試食販売はスーパーなどの店頭に立ち、不特定多数のお客様と接する仕事です。どのような状況でも笑顔を作ること、また失礼のない言葉遣いができるようになるなど、社会に出ても役に立つスキルを身につけることができます。スーパーやショッピングモール、デパートなどに訪れるお客様は老若男女で客層の幅が広いです。そのため、様々なお客様への対応力が鍛えられます。将来、営業職に就きたい人にもおすすめのパートと言えます。
一方で試食販売は基本的に一人で行う作業です。周囲のスタッフに合わせずにマイペースで仕事ができるという良さもあります。また、毎回職場が変わりますので、パートにつきものの人間関係の煩わしさがないというメリットもあります。

試食販売に向いている人

試食販売に向いている人は、まず「人と話をするのが好き」な人です。試食販売では様々なお客様と触れ合い、話をすることができます。普通に生活しているとなかなか話をする機会がないお客様とも話をすることができます。そこに喜びを見いだせる人におすすめです。試食販売の目的は商品の良さをPRすることですが、難しく考える必要はありません。言葉遣いをきちんとすれば、友達や家族に商品の良さを伝えるような感覚で構いません。
次に、「ある程度体力がある」という点があります。試食販売の仕事中はずっと立っていますので、立ちながら仕事を続けられる体力は必要です。笑顔できちんとした言葉遣いで接客をするためには、ある程度の体力の余裕がないとできません。体力の限界でふらふらした状態では、きちんとした接客は難しくなります。
最後が「魅力的」な人です。試食をするかどうかをお客様が判断する時は、商品の魅力はもちろんですが、販売員の魅力も大切になります。試食販売員が魅力的な人の場合、お客様が進んでコミュニケーションを取りたくなります。すると、試食販売をするのが容易になり、成果を出しやすいでしょう。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事