人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

店頭で商品をPRする仕事

今回は試食販売の仕事内容を紹介します。試食販売員としての一日を朝から仕事終わりまで時系列で見ていくことで、仕事のイメージがしやすくなるのではないでしょうか。

試食販売の仕事内容とは

試食販売の仕事内容とは

試食販売員の勤務地は、スーパーやショッピングモール、デパートの食料品売り場などが中心です。ブランド肉や加工食品など、商品のPRを目的に、お客様に試食をしてもらうことが主な仕事となります。また、試食販売員は「マネキン」と呼ばれることもあります。働き方としては、試食販売を取り扱う派遣会社に登録し、指定された勤務地で仕事をするという流れが多くなっています。基本的には日払いの短期求人になっていて、派遣される職場も毎回違うケースが多いです。試食販売の経験がない人でも、派遣会社が研修を行ってくれますので安心して働きはじめることができるでしょう。

試食販売の準備をしよう

試食販売員の一日を時系列でみていきます。
まず指定されたスーパーなどの勤務地に出勤します。現場の担当者や責任者に挨拶をし、着替える場所、貴重品を置く場所などを確認します。お肉を焼くホットプレートなどの機材は、自分で運ぶのではなく事前に用意されていることがほとんどです。機材がきちんと動くかどうかその場でチェックしましょう。
また試食販売で使う商品は、勤務地であるスーパーなどで購入し調達するケースが多いです。紙コップなどの備品もその場で購入します。代金は一旦自分が払い、後日経費として派遣会社などから払い戻してもらいます。そのために必要なお金をある程度用意しておくようにしましょう。必要な機材の動作確認をし、備品を揃えたら試食販売にふさわしい服装に着替えます。勤務先から指定がない場合は、エプロンなどを持参していくと良いでしょう。

いよいよ試食販売

試食販売をする場所は、販売する商品の棚の前など商品周辺の場所で行います。試食をした流れで買い物カゴに入れてもらうためです。商品を調理するホットプレートなどを置く棚には、テーブルクロスなどを敷いて清潔で楽しい雰囲気にします。お客様が試食で汚れた手を拭く濡れタオル、爪楊枝や空き箱を捨てるビニール袋も試食台に設置しましょう。
お店がオープンするといよいよ調理を開始します。小皿や紙コップに調理した商品を取り分けてお客様に声を掛けます。足を止めてくれたお客様に試食をしてもらい、商品の購入を促します。用意した試食と売れた試食をメモしておき、売り上げの数が分かるようにしておきましょう。閉店後に報告書へ売り上げを記載することが決まりになっている職場が多いため、きちんと記録を残すことが大切です。試食販売の予定の時間が過ぎたら、お客様や店員の迷惑にならないように試食用のセットをバックヤードに片づけて仕事終了です。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事