人気記事ランキング

特集記事

子どもへのベストな対応方法 子どもへのベストな対応方法

試食販売をしていて困るのが子どもへの対応です。無邪気に食べようとする子どもへの対応方法を教えます。

男性も活躍できる!

試食販売員は女性限定と考えている人がいるかもしれません。しかし現在、男性の試食販売員の人気が高まっています。そこで今回は男性が試食販売員をするメリットについて紹介していきます。

男性試食販売員は「目立つ」

男性試食販売員は「目立つ」

試食販売員は女性という固定観念があるため、男性がスーパーなどの一角に立っていると、とにかく目立ちます。お客様の注意を引くという、試食販売員として必要な第一段階は男性というだけで達成できてしまいます。特に好奇心旺盛な高齢の女性のお客様などは、どんな対応をしてくれるのか興味津々で、進んで試食をしてくれます。あまりシャイすぎる男性には向きませんが、普通に話をできる男性ならお客様に可愛がってもらえるかもしれません。特に、挨拶がきちんとしている体育会系の部活に所属している学生は、試食販売員として人気になり、売り上げ数も多くなるかもしれません。

一人で働くのが好きな男性にメリットあり

コミュニケーション能力は高いけれど、職場の人間関係は苦手という人がいます。企業に勤めるやり手の営業職の人に多いタイプの男性です。このような人が試食販売員のパートをするメリットは大きいでしょう。試食販売の仕事は、スーパーなどたくさんの従業員がいる中で仕事を行いますが、基本的に誰と連携を取るわけでもなく一人で仕事を行います。また、毎回職場が変わりますので、職場の人間関係のゴタゴタなどに巻き込まれる心配もありません。職場の人間関係を円滑にするために、行きたくもない飲み会に行くなどの面倒もないです。その上で不特定多数のお客様の対応ができて、試食販売数を伸ばすことができれば、次の仕事の声も掛かりやすくなります。人間関係を円滑にする能力よりも、仕事の能力を優先してくれる職場だといえるでしょう。

指名をもらいやすい

男性試食販売員はお客様にも目立ちますが、スーパーなどの店員や商品のメーカーの担当者にも目立ちます。そのため、試食販売員として成果を出している男性は、次からも声が掛かりやすくなります。「あの男性の試食販売員に来てもらいたい」というように「指名」が入るようになるかもしれません。指名が多くなるようだと、優秀な試食販売員と認定されて時給がアップする可能性もあります。
もちろん目立ちやすいことは良いことばかりでなく、適当に仕事をしていることや、やる気がないこともすぐにばれてしまいます。真面目に試食販売員の仕事に取り組める男性にだけあるメリットです。

体力的に楽な仕事

試食販売員のほとんどが女性であることから分かるように、それほど体力的にきつい仕事ではありません。体力に自信がある男性はもちろんですが、体力に自信がない男性でも勤まる仕事です。単発でフレキシブルに働けて高時給な仕事には、試食販売の他にも「軽作業」の仕事があります。しかし、軽作業の仕事は体力に自信がない男性には難しい力仕事があります。軽作業のバイトをして無理だと思った人も、試食販売員ならできるかもしれませんのでチャレンジしてみましょう。

試食販売バイトをする前に読んでおきたい記事